リース車

カーリースという言葉を聞いたことがある方は多くいると思いますが、いったいどんな仕組みなのでしょう。
直訳すると車を借りるという意味ですので、レンタカーと一緒と間違える方もいるかもしれません。しかしレンタカーとは少し違います。レンタカーは短時間の貸し出しになりますが、カーリースの場合は長期的な貸し出しとなります。

 

長期的に貸し出すなら購入でいいのではと考える方もいるでしょうが、やはりカーリースならではのメリットがあるのです。

 

カーリースは初回の契約の際にレンタルする年数、走行距離を決めます。それに応じてレンタル料金も変わってきますし、もし契約条件を上回っての利用になると追加料金を支払うことになるのでよく考えて契約をします。

 

契約終了時の残価をあらかじめ設定し、残価を除いた金額を毎月分割で支払っていくようになります。短いスパンで車の乗り換えをしたいという方にはぴったりの仕組みです。もし契約期間が終了して引き続きその車両に乗りたいということでしたら、残価を支払えば購入することができますので心配する必要はありません。自分のライフスタイルに合わせて車の購入方法も変えていくことができるのです。

 

 

 

カーリースとは自動車をリースする事を指していて、レンタカーの様に不特定多数の人に貸し出す訳ではありません。
長期契約によって一定の期間を貸し出すので普通の自家用車とは区別していなく、外観や外装も同じく区別されていません。そのため、リース会社の資金で自動車を調達するため車検証上の所有者と所有権はそのリース会社の物となって使う人は契約者となります。又、購入とリースとでは単純に比較するとリース会社の手数料が加算される分リースの方が基本的に高くなりますが、企業の方はリースにする事によるメリットがあるため、使っている所は多くあります。近年では個人向けのリースも行う様になって来ており、リースを使う事も普通の事となって来ています。リースにする事のメリットはかなりあり、企業会計上の理由であったり、運行管理の労力削減であったりとその役割は大きな物となっています。更に言えば、個人だと新車を購入する際に一時的に経済的負担が減少するのも大きな利点となっています。